宣布会柔進館 大東流合気柔術、無限神刀流居合術、無限流柔術
山本一刀齋角義直門 宣布会柔進館












大東流合気柔術 流儀解説

 大東流合気柔術の創始者は、清和源氏の嫡流新羅三郎義光となっている。新羅氏はのちに武田と改姓、武田信玄の父信虎は第二十四代、武田信玄は第二十五代宗家であった。
 大東流合気柔術は、剣柔一体の秘技を蔵し武田家代々一子相伝のまま、門外不出による武憲のもとにその独特な秘技は片鱗すらうかがうことが出来ず、のちに会津藩の御止流としてその名高く世人渇望の的であった。
 中興の偉傑、第三十五代大東流合気柔術総務長 武田惣角源正義師に受け継がれたこの秘技は、昭和七年当時、護身用にこの古武道を教えられたことがやみつきとなり、以後、直系の弟子として身の回りの世話をしながら鍛えられ、十年後には秘伝奥義免許皆伝、そして我が国で唯一人“秘技の原理”を口伝された後嗣山本角義(留吉)へと受け継がれた。

 山本師は、修行者としては常に恩師惣角翁を尊び、その功績に対して、心から謙虚な態度を崩さなかった。また、逝去する十日前まで北海道滝川町の山本家に一緒に暮らしていた。
 惣角師の遺言により、遺品のうち旧会津藩主 松平容保公より拝領の紫の羽織の紐と行平の刀一振り、古備前焼の湯呑み茶碗、愛用の品々、そして巻物を受け継ぎ、さらには、我が国で唯一人、惣角師から「惣角」の“角”と武芸名「源正義」の“義”との二文字を許され、“角義”と名乗ることと、加えて山本角義が大東流合気柔術武田惣角源正義師の後継ぎとして「総ての主になれ・・・」という意味で“総主”を名乗ることを同時に許された。

 昭和十七年五月吉日、第三十六代 大東流合気柔術 総主 山本角義師の誕生である。また、惣角師が山本師に免許皆伝、そして総主を許す際に「山本君、わしはお前の前に免状を出しているものがいる。あれは失敗だった。許してくれ。」とも語っている。

 これまで、心ある大東流合気柔術関係者以外、はっきりと語らなかった惣角師の後継者山本一刀齋角義師についての記録を明らかにすることは、正しい大東流合気柔術の真の姿を理解するうえで欠かすことの出来ない重大なことであり、さらに云えば、山本師の武術に対する姿勢を理解しないものは、彼が到達するために歩んだ道の跡(レール)を進んでいくことは無理である。

 大東流合気柔術を極めるために、我々が絶対忘れてはならないことがある。それは、惣角師も山本師も共に正しい技術を極めた人達であって自然の道理、原理に素直に従った武術家であったということである。
 山本師は武道に対して真に純粋で正直であり、その技には全く“虚”が無く、「真実」そのものが行われていた。よって、世間に広く見られるような弟子が自ら飛んで受け身をするようなものは武術とはいえないのである。
 山本師が、惣角師から受け継いだ大東流合気柔術は、「他人に怪我をさせず、自分も怪我をしない。」という護身術である。

 山本師は、その才能を認められ「お前なら自分の後嗣ぎになれる。」ということで鍛えられた。夜中、睡眠中のところを起こされ「昼間忘れていた技を思い出したので教える・・・。」といっては稽古をつけられたことも度々あった。
 惣角師は、後嗣ぎ山本師以外には技の一般公開をしても、その原理を伝授することはなかったのである。

 一子相伝、門外不出という武憲のもとに行われていた大東流合気柔術は、武田惣角源正義師と山本一刀斉角義師が出会ったことで新しい転機を迎え、総てが山本角義師に受け継がれた。


無限神刀流居合術について

 師惣角の没後、大東流合気柔術手刀に独創を凝らし、居合術を創始した。本居合を無限神刀流居合術と命名し、以来、山本角義師は一刀齋を名乗る。
 本居合は剣柔一体の居合であるが故に、剣道の平行足の構えと異なり、大東流合気柔術の体捌き(即ち撞木の足捌き)を採り入れ、常に相手の動きを考慮して之を制する技である。
 その技は大別して座技・半立技・立技、さらに奥居合があり、大東流合気柔術を修練した者によってのみ、その真髄を会得することができる。




当サイトの写真・記事・ロゴ等について、柔進館本部の許可なく転載・利用することを禁止いたします。
Copyright(C) 宣布会柔進館 All Rights Reserved.
※フォントサイズ「中」推奨