宣布会柔進館 大東流合気柔術、無限神刀流居合術、無限流柔術
山本一刀齋角義直門 宣布会柔進館














西暦 元号(満年齢) 日時 略歴
1929年 昭和04年(15歳) 漁師と喧嘩し、友人死亡。この時「自分の身は自分で守る」必要性を痛感する
1932年 昭和07年(18歳) 武田惣角源正義師へ師事(秋田にて)
1942年 昭和17年(28歳) 05月吉日 大東流合気柔術免許皆伝、総主および角義の名を許される。
お前が総ての主になれ、という意味で「総主」
惣角の角と源正義の義で「角義」
1943年 昭和18年(29歳) 04月25日 武田惣角源正義師逝去。
惣角師が愛用していた武田家家宝、松平容保公より拝領の紫の羽織紐およびその他遺品を承継する。
※武田惣角が愛用していた紫羽織の紐は代々武田家に承継されていたもので、現在、多くの雑誌等に載っている惣角の写真を見ても通常のもの(一般のもの)とは全く違うことが分かる。
1955年 昭和30年(41歳) 04月17日
05月18日
05月19日
08月吉日
08月04日
08月08日
08月16日
08月17日
09月吉日
苫小牧市栄町に柔進館開設
札幌中央署公開演武
同上
浮舟開店
函館中央署公開演武
小樽署公開演武
函館市役所公開演武
浅草観世音堂において奉納演武
函館市松風町に柔進館開設
1957年 昭和32年(43歳) 03月31日 全日本古武道大会参加(仙台レジャーセンター)
演武後、記念の日本刀を仙台市から贈られる。
1970年 昭和45年(56歳) 12月15日 苫小牧市音羽町に柔進館大和山道場建立
1972年 昭和47年(58歳) 08月13日 網走市民会館、故武田惣角源正義師30年忌網走大会において、無限神刀流居合術演武
1973年 昭和48年(59歳) 昭和49年まで数回にわたり、電電東京合気杖道部を指導
1974年 昭和49年(60歳) 電電九州合気道部を指導
1976年 昭和51年(62歳) 09月吉日 保護司として、ヨーロッパ諸国における更生保護事業の現況視察委嘱にて渡欧
1977年 昭和52年(63歳) 11月03日 明治神宮奉納演武大会(日本古武道振興会主催)において、無限神刀流居合術初演武
演武者 山本一刀齋角義代理 須藤一刀齋義丈(19歳)
1982年 昭和57年(67歳) 01月30日 山本一刀齋角義、苫小牧市立総合病院にて逝去。
逝去直後、惣角師の遺品等を含め、柔進館流を須藤一刀齋義丈が継承する。




当サイトの写真・記事・ロゴ等について、柔進館本部の許可なく転載・利用することを禁止いたします。
Copyright(C) 宣布会柔進館 All Rights Reserved.
※フォントサイズ「中」推奨